PR|城東での家族葬なら|

父が病気で亡くなり、夜病院に向かいました、そこですでに病院の方で多分契約でもしている葬儀屋さんでしょうか?が来ていて父の遺体を家まで運んでくれました。そこからはもう、お葬式の話です。そこの葬儀屋さんは値段が決まったプランがあり、かなりお安いとの事でしたので、そのままその葬儀屋さんにお葬式もお願いする事に決めました。父が亡くなったばかりなのに悲しむ間もなくお葬式の準備をしなければならず、人が亡くなるとこんなにも大変なのか…と若い私は勉強しました。

葬儀屋さんが火葬場の予約等、色々と準備を整えて下さったのですが、何と市の火葬場が予約で一杯…父が亡くなってすぐにはお葬式が出せない事に!4月なので遺体の腐敗は然程進まないとは思いますが…と葬儀屋さんはドライアイスを遺体の周りに入れてくれて何とか葬儀まで綺麗な状態で保存出来ました。

しかし火葬場が一杯だなんて驚きでした。予想がつかない事が起こったり、こんなにも色々とやる事があると正直悲しんでいる暇もないな~と感じるお葬式でした…私の時は子供にこんな大変な思いをさせたくないので、既に葬儀屋さんのプランを予約しておく事にしました。今は先に積み立てして予約できる葬儀プランがあるのですね。

近年、葬儀費用は昔に比べて明朗になり、また少し安くなって来た様に思います。華美な葬儀で高額を掛ける事が無駄だと言う感覚を持つ人が増えている事によるものでしょう。

それでも一般の葬儀に掛かる費用の平均は160万円程度とも言われており、まだまだ高額だと言わざるを得ません。そんな中で、本当に必要最低限の費用で葬儀を営める家族葬や実質本位の小規模な葬儀を謳う葬儀社や会館も増えています。

しかし、一般的に各葬儀社や葬儀会館の費用は、祭壇等の様々な必要な備品のランクが用意されている場合には、その最も安い価格で表記されている事が多く、それよりランクアップをすれば費用が嵩むと言う点に注意する必要があります。

また、祭壇費用に祭壇を飾り付ける花代が含まれていないケースも多く、この生花の費用が結構高いので、これも注意が必要です。

自分達がイメージしている葬儀を営む費用を把握するには、何社かの葬儀社の会館の見学をし、事前に見積もりを取る事もお勧めです。50~200万円も支払う葬儀ですから、本来は当然事前見積もりをすべきなのです。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|GetMoney|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|ショッピングカート|お小遣いNET|英語上達の秘訣|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|童話|